クリスマスイヴ

『クリスマス・キャロル』以来久々のブログです。

今日はクリスマスイヴ。

 

孫に、にわか仕立てでクリスマスカード作りました。

いつも付け焼き刃的(^^;)

息子にメールで送りました。

孫は今年の誕生日で5才になりました。

早いですねーー

 

 

 


クリスマス・キャロル!!

6日に届きました。

久々の新刊、久々の読み物。

 

前振り長かったですが(^^;)

思わせぶりして、ごめんなさい。

 

C.ディケンズ作の『クリスマス・キャロル』です。

芝田勝茂/文 長谷川知子/絵 ポプラ社刊

ポプラ世界名作童話26 定価1000円税別

 

私の単行本デビュー1,2は、

講談社の世界の児童文学名作シリーズでした。

それ以後、今回の『クリスマス・キャロル』まで、

海外の児童文学の物語に絵を描く仕事はしたことがなかったのです。

 

今回、ポプラ社編集のKさんからこの仕事の依頼を受けたとき、

正直ビックリしました。

『クリスマス・キャロル』を私に!!と。

つい数ヶ月前まで、

私が『クリスマス・キャロル』を描くことになろうとは、

思ってもみないことでした。

 

 

 

主人公のスクルージさんと

未知の世界にいざなわれて、短くも濃厚な旅をさせていただいて、

本になりました。

文をお書きになった芝田先生にはとても喜んでいただいて、

FBにも紹介と一緒に長谷川の絵についても書いて下さいました。

「世界一美しい心のおくりもの」という帯まで付いて、

すごく光栄です。

何とか、クリスマスに間に合いました。

10日に発売になります。書店に並びましたら、

お手にとって見て下さい。

多くの方に読んでいただけたら、うれしいです。

 

 


いよいよ(^_^)v

今月もどんなに忙しくても毎日書く、

果たせなかったです(^^;)

 

桜葉の落ち葉はウルトラマン(^^;)

 

11月のアクセス数 1832 でした。

久しぶり、こんなにたくさんのアクセス、ありがとうございます。

 

ずっともったいぶって(^^;)明かさなかった

私としては未知の世界を行く本、

12月3日見本、12月10日の発売となります。

世界の名作といわれる、、、世界中の子どもが、大人もかな、

誰でも知っている物語。

何んとまあ、かの有名な

ディケンズさんの『クリスマス・キャロル』なんです。

長谷川知子が描くことになるとは、誰が知ろう(^^;)

 

8月に静岡に行ったときの新幹線から見えた富士山、夏だったので

お姿かすんでます。このころは頭の中山、山、山。

 

今は毎日、火をふく山を描いています。

物語の中に人間が出てこないお話で、絵本です。

全然様になりません。

自分でいうのも何ですが(^^;)

ラフの荒削りのダイナミックさは本描きに入ると

どうしてもきれいに収めてしまうようで、、、

何枚描いても全然様になりませぬ。

まだまだ、高みには行けないと痛感しています。

でも、とにかく描こう、描いていこうの気持ち。

 

 

 

 

 

 

 


じゃがいも!!!

毎年、北海道音更からジャガイモが届きます。

もう、30年くらいは変わらず届いているんじゃないかな。

送り主は、父の店の店員さんだった、私は「ねえさん」と

呼んでいる方。

ジャガイモが届くたび送って下さるI農場の主さんもおねえさんも

今年もお元気でよかったなあと思うんですよね。

ジャガイモはお元気の便り(*^_^*)

 

いつも黒い土付き、一人では食べきれないので、お隣さんとかに

くばっていますが(^^;)来年の春までもうジャガイモは買わずに済みますわ。

ホホホホホ(^^;)

 

今日は、パレットに絵の具を盛りました。


三日坊主(^^;)

ハハハハ(^^;)

どんなに忙しくても、<毎日書く>は、

続きませんでしたね(^^;)

まさに三日坊主(^^;)

子どもの頃、母に<ともこの三日坊主>と

よく言われたものです。

 

単に乾いた布巾が床に落ちただけなのですが、何となく

シロクマに見えたので、写メ(^^;)

あまり美しくないですが、、お許しを。

 

早朝、コンビニに行く途中、まだ咲いているオシロイバナを

見かけました。

 

ちょっと季節外れですが、いくつも花芽を持っていて、まだまだどうして、

しぶとく咲いて楽しませてくれるようです(^^;)

 

車もあまり通らなくて、人もいなくて、空気はちょっと冷たいけれど

早朝の散歩は、いい気持ちです。



profile

name : 長谷川知子
画家・絵本作家

北海道北見市生まれ。
武蔵野美術短期大学デザイン科卒業。
「ひつじぐものむこうに」
あまんきみこ作(文研出版)で、
サンケイ児童出版文化賞。
日本児童文学者協会会員。
きたみ観光大使。

Contact:
info@tomokohasegawa.com

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM